ヒアルロン酸注入の失敗とはどういうことなのか

ヒアルロン酸注入に失敗し落ち込む女性

入院や手術の必要がないヒアルロン酸注射は、手軽に受けられる美容整形として人気となっています。ほうれい線や目の下のたるみを無くしたり、あごのラインを整えたりでき、すぐに効果があらわれるので受ける人が多くなっています。簡単に受けられてすぐに理想の顔になれるので良いのですが、注入を失敗することも中にはあります。ヒアルロン酸の注入の失敗についても知っておき、よく考えて施術を受けるかどうかを決めるようにしましょう。

 

ヒアルロン酸を顔に注入した時に起こる失敗例として挙げられるのが、注入したところに内出血が起こることです。注射をするのですから多少の内出血は仕方がないでしょう。しかし中にはメイクなどでも隠せないほどの内出血を起こしてしまうことがあります。顔には毛細血管がたくさんあるので、その血管を傷つけてしまうことはどんな熟練した医師でもあることです。しかし、内出血を最小限に抑えられる技術を持つ医師はいますので、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

 

重大な失敗例としては、ヒアルロン酸の注入量を誤った、均一に注入されていないなどが原因で起こる肌表面の膨らみやぼこぼこです。注入する場所を間違った場合もこういった現象が起こります。また、ヒアルロン酸を動脈に入れてしまったことで血管がふさがってしまい、皮膚が壊死してしまうことがあります。技術が未熟である、知識が乏しい、ヒアルロン酸に不純物が混ざっていた、大量に注入してしまったなどが原因です。血管がふさがった状態なら治療は可能ですが、壊死してしまったら治療は難しくなります。

 

注射1本で簡単にできる美容整形なので受ける側もあまり深く考えずに受けてしまいがちですが、顔の血管の位置など、解剖学的な知識を持つ医師でないと難しいものです。医師ならだれでもできるというものではありません。ヒアルロン酸の注射においては、経験豊富で技術力のある医師を選ぶことが失敗を防ぐポイントとなります。